研究業績:詳細表示

著者 亀川智史,山里敬也,岡田啓,藤井俊彰,荒井伸太郎,圓道知博,鎌倉浩嗣
題目 ITS イメージセンサ可視光通信の高速化に適する伝送方式の比較
出典 電子情報通信学会技術研究報告, RCS2017-69, pp.115-120
要約 ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)可視光通信にイメージセンサを用いる場合,イメージセンサの特性から高速化が課題となる.従来の伝送方式は,送信信号の変調にPWM(Pulse Width Modulation:パルス幅変調)を用いる方式であり,受信側で振幅変調として捉えて通信を行う.これに対して,高速伝送を実現できる伝送方式の候補として,仮想正弦波を用いる方式がある.仮想正弦波方式は,送信信号のパルスの振幅,位置の変調を,受信側で振幅,位相の変調として捉えて通信を行う.しかし,この 2 つの伝送方式の優位性が明らかでないため,本研究では比較実験を行い, ITS イメージセンサ可視光通信の高速化のための伝送方式について検討する.
Authors S.Kamegawa, T. Yamazato, H, Okada, T. Fujii, S. Arai, T. Yendo, K. Kamakura
Title A Comparison of Transmission Methods to Accelerate Data Rate for Image Sensor Based Visible Light Communication in Intelligent Transport Systems
Authority IEICE Technical Report,RCS2017-69, pp.115-120
Summary In this paper, we compare the performance of two modulation schemes used for ITS image sensor communication. The one is a pulse-width modulation (PWM) that simply convert source data into a width of a pulse, and then convey the signal by the multi-level intensity of a LED. The other is a virtual sinusoidal wave, proposed to adopt amplitude and phase signal reception for the image sensor receiver. The wave can convey data mapped on both amplitude and phase signal. We compare those two schemes regarding data rate and error rate performance.
年月 2017年6月
DOI/Handle
開催場所 石垣商工会館
研究テーマ 可視光通信/光無線通信
高度交通システム(ITS)
言語 日本語
原稿/プレゼン資料 / 無し (ローカル限定)


片山研究室 研究業績データベースシステム