研究テーマ

フレキシブル無線分散ネットワーク

flexible_meshNW.png

無線分散ネットワークは多数のノードが分散配置されており,ノードを経由して情報を伝送する空間的に広がりのあるメッシュ型マルチホップネットワーク構造を持つ.これは,携帯電話網のように集中管理を行う基地局が存在し各端末は基地局と直接通信を行うようなスター型シングルホップネットワークとは異なり,柔軟なネットワーク形態が可能である.さらに,メッシュ型マルチホップネットワークはスター型シングルホップネットワークには見られない種々の要素技術がある.要求条件に応じてこれらを取り入れることで,通信システムを柔軟に構築することができる.要求されるシステムの多様性に対応するため,フレキシブル(柔軟性のある)無線分散ネットワークの実現・高度化に向け,理論的検討から実験による評価,基礎から応用まで幅広い研究を行う.

アドホック/メッシュネットワーク

adhoc_mesh_nw.png

アドホックネットワークは臨時的に構築されるネットワークであり,一般的にはインフラストラクチャを必要とせず端末のみで構成される.メッシュネットワークは相互接続を可能とするネットワークであり,集中管理を行う特別な制御局が存在しなくても構築できる無線ネットワークを指すことが多い.本研究ではアドホック/メッシュネットワークの実用化を目指したさまざまな課題に取り組んでいる.

 

センサネットワーク

sensor_nw.png

センサネットワークは、多くのセンサデバイスを無線ネットワークで結ぶことでセンシングの高度化を図るシステムである. センサネットワークは, 単にセンシングの高度化をもたらすばかりでなく, ユビキタス社会の基盤技術ともなる可能性を秘めていると同時に, 多様な応用分野が予想される. 応用分野としては, 環境測定, セキュリティ, 知的空間の構築, 大災害時の救助活動, 娯楽などが挙げられている. センサネットワークの特徴は, 多方面の技術の融合であると同時に, 個々の技術が従来のままでは効果が発揮できず, それぞれに本質に立ち返る必要がある点にある. 本研究では, ネットワークの観点からセンサネットワークについて検討を行っている.

  • ICT活用農業事業化・普及プロジェクト (生研センター 農林水産・食品分野と異分野との連携に係る研究)
  • センサ・アクチュエータネットワークスイートの研究開発 (総務省 戦略的情報開発推進制度(SCOPE)による受託研究)
  • センサネットワークにおける情報源の相関性を利用した経路次元符号化手法 (科学研究費補助金 若手研究(B))
 

可視光通信システム

VLC.png

「目に見える」可視光に情報をのせて伝送する可視光通信システムにおいて,高速・大容量な情報伝送を行うことを検討している.今後,普及が期待されているLEDを用いた照明光や信号機では,LEDを高速に点滅させて情報伝送を行うことが可能である.本研究では特に送信機としてLEDアレイ,受信機としてイメージセンサ(カメラ)を用いた,可視光並列伝送システムの高性能化に取り組んでいる.

  • デジタルサイネージのための人に視認されにくい可視光イメージセンサ通信 (科学研究費補助金 基盤研究(C))
  • LEDアレーと高速度カメラを用いた可視光通信の研究開発 (総務省 戦略的情報開発推進制度(SCOPE)による受託研究)

研究に関する資料

  • トラヒック理論とパケット通信の高効率化 (報告会, 2003年1月) filereport200301.pdf

Last-modified: 2016-08-30 (火) 15:31:57 (1711d)